軌陸車テック株式会社採用サイトロゴ

ENTRY

Interview社員インタビュー

兼田聖政

兼田 聖政かねたきよまさ

2014年8月入社/東北営業所 副所長(営業)

志望理由

前職は飲料会社で自販機の設置・飲料の補充をしておりました。軌陸車テックに訪問した際、忙しいながらも楽しそうに、何よりも充実した姿で仕事をしている姿がキラキラして見えました。「ここで働きたい!力になりたい!」と一目惚れをして転職を決めました。

入社してよかったこと

担当する営業エリアが広域ということもありさまざまな出会いがあります。明確な目的を持って行動すれば上司もバックアップしてくれるので、失敗を恐れず自信を持って活動できるのが当社最大の営業の武器です。なにより一番良かったことは多くの地域に行くので各地の郷土料理が楽しめます!おかげで入社時より太ってしまいました(笑)

仕事内容

安全に鉄道を運行できるように日本国内の保線活動の大半は軌陸車を使用しています。2011年の東日本大震災で流された線路も当社商品を使用して復旧することができました。その復旧された線路を見ると感慨深く、とても達成感がありました。私たちレンタル営業部門はお客様のニーズに応え、より効率良く、より経済的に、より安全を提供し、より満足してもらうことを使命として奮闘する毎日を送っています。

やりがい

鉄道工事は終電から始発の間に行われるため、軌陸車の出番の大半が真夜中です。まれに機械トラブル等が起きることがあり対応が大変ですが、解決後は「ありがとう」と感謝されます。また、東日本大震災を経て復旧した線路・そこを走っている電車や利用しているお客さんを見た時はやりがいを感じ、これからも頑張ろうと思えます。

会社の雰囲気

東北営業所はレンタル営業・サービス・業務が一体となって日々奮闘しております。年齢が近いこともあり、家族のような強い絆で結ばれているような気がします。みんなで悩んだり喜んだりと、『One for all, All for one』はまさに我々のための言葉とも思えます。気さくな方たちばかりなので、新しい方もすぐに馴染めると思います。

今後の目標

もっと社内外の鉄道工事機械の知識を学び、業界で必要とされるスペシャリストになれるような存在を目指しています。それは決して大口ではなく自分自身の努力によって叶えられることだと思います。いろんな失敗をするかもしれませんが、挫けることなく挑戦し続けたいです。